Latest Posts

高島勇二が社長を務める株式会社MCJのグループ会社が扱う物

  様々なグループ会社を統括し運営をしているのが、高島勇二が社長を務める株式会社MCJです。各グループ会社はパソコン関連の事業を行っています。様々な商品やサービスを提供しています。 高島勇二が社長を務める株式会社MCJでは、グループ会社ではパソコンはマウスブランドがメインで、パソコンのモニタはiiyamaブランドにより展開をしています。 マウスブランドのパソコンは、BTOパソコンです。このBTOとは「ビルド・トゥ・オーダー」の略です。メーカーでは商品を部品の状態でストックし、顧客の注文に応じて組み立てを行い出荷する仕組みとなっています。 メーカーにとっては完成品よりも部品は流動性が高く、在庫リスクが減るというメリットがあります。 顧客にとっては無駄な仕様を省くことが出来て、購入コストを引き下げることが出来ます。 現在、株式会社MCJの社長を務める高島勇二は19歳の時からパソコン製造と販売を始めました。その時に抱いていた思いが、「お客様が本当に欲しいパソコンをお渡ししていこおう」というものです。そこからBTOパソコンを取り扱い、今日に至ります。 現在ではマウスブランドのパソコンはデスクトップやノートといった形状だけでなく、クリエイターやゲーム、ビジネスといった用途に合わせた仕様のパソコンの販売も行っています。 さらにカスタマイズが自由に出来るのがマウスブランドのパソコンの特長です。形状だけでなくOSやCPU、メモリなどを自由自在に選ぶことが出来ます。本当に自分が欲しいパソコンが手に入ると、多くの方から評判となっています。株式会社MCJの高島勇二は、更に喜んでもらえるパソコンをこれからも提供したいと考えています。   高島勇二が社長を務める株式会社MCJには、パソコンのモニタを扱うiiyamaがグループ会社にあります。国内のみならず海外にも商品を展開しており、多くの方からの注目を集めています。 液晶ディスプレイやタッチパネルをはじめ、様々な商品を扱っています。iiyamaブランドによるモニタは欧州販売部門においては、産業用タッチパネルモニタやデジタルサイネージ製品などを販売しています。欧州でも評判となっています。 個人だけでなく法人向け製品や文教向け製品など、幅広い層に支持されているモニタを扱っているのがiiyamaです。株式会社MCJの高島勇二は、iiyamaのモニタの質の高さに自信があります。 多くのユーザーが満足できるパソコンやモニタを扱っているのが、高島勇二が社長を務める株式会社MCJのグループ会社です。パソコンやモニタは、多くのユーザーから支持されています。   ■高島 勇二の歴史 高島 勇二は1974年(昭和49年)4月2日、埼玉県春日部市にて生まれました。 埼玉栄高等学校を卒業後、祖父が起こした会社に入社し、その3年後に代表取締役社長に就任、さらに2年後となる1998年(平成10年)にマウスコンピュータージャパン株式会社を発足しました。 以降は分社化、子会社化、合併を繰り返し、現在は8つの会社を抱えるグループ会社の代表に収まっています。 その資本金は約38億5千万円と、日本を代表する大企業のひとつに数えられています。 ■高島 勇二の会社はBTOパソコンを売る 高島 勇二が代表を務める株式会社MCJ。 その最初期の事業はBTOパソコンを売るものでした。 ひとつのメーカーのパーツのみで構成されたパソコンを売るのではなく、いくつものメーカーのパーツを組み立てて作ったパソコンを売っていました。 マウスコンピューター株式会社がBTOパソコンを販売する事業に着手したのは、パソコン本体を購入する資金が無かったからになります。 しかし、それが大当たりし、今では誰もが知る大企業へと成長したのです。 ■高島 勇二は色々なことをしている 高島 勇二は色々な事業に着手しています。 元々彼は、祖父が起こした衣料販売の会社に勤めていましたが、そこで事業は芳しくなかったそうです。 そこで新規事業としてBTOパソコンの販売事業に参入し、大成功を収めた歴史を持ちます。 そしてこうした新たな業界への参入は、今も積極的に行っています。 最近だと、インターネットカフェの経営にも着手しています。 株式を取得して経営権を獲得しただけですが、高島 勇二は「これは売れる」と思ったのかもしれませんね。…
Read more